更新日:2014/11/28
国内で生活を送っていて、日々の生活費などが足りなくなって困るのは国民だけではありません。現在はたくさんの方が出身国以外の国で生活しており、場合によっては外国に居住している時に資金不足に陥ることもあり得るのです。その場合は金融機関などからお金を借りられると安心ですが、外国人の方にとっては、ローンの審査への不安が人一倍強いと言えます。基本的にカードローン等の商品において、外国人であることが直接的な原因になって審査に落ちることはありません。例え外国の方でも、安定した収入を得ている方で相応の居住年数が確認されれば審査に通過することができます。

カードローンの審査において最も重視されるのは安定した収入です。きちんと職に就き、定期的に収入を確保できている方であれば国籍を問わずに審査基準の1つを満たしていることになるのです。とはいえ、外国の方の場合はいくつか異なる基準が設けられている場合もあります。あまりに国内での居住年数が短いと、やはり信用が不足していると判断されて審査に落ちてしまう可能性が高くなります。また、言語能力が乏しい場合も審査に通過しづらくなると言えます。これらの基準に問題がなく、且つ金融機関が定める本人確認書類を提出することができ、過去に金融トラブルを起こしていない方であればカードローンの利用は決して難しくありません。根本的な審査の基準に国籍による差はありませんので、一般的に審査基準を満たせる状態になっていれば、外国の方でも融資を受けることは可能なのです。